病は気から

Female

ほとんどの病気は心身症から起こり心療内科での治療が可能です。心療内科では体の障害はもとよりきめの細かい対応で心のケアーを行っており心の問題が取れてしまえば病気も治ってしまう人も少なくはありません。目黒でも心療内科を設けている病院があります。

依存のタイプと治療

依存のタイプ

Male

依存症は、大きく3つのタイプに分かれます。3つのタイプは、物質依存、行為の依存、人への依存となります。物質依存は、ある物質を飲んだり、摂取する事で刺激や快楽を得ます。具体的な症状としては、アルコールに依存するアルコール依存症、違法薬物に依存する薬物依存症が挙げられます。行為に対する依存は、ある行為を行い続ける事によって、興奮や快楽等を求め続けます。具体的な症状としては、パチンコ等に依存するギャンブル依存や買い物に依存する買い物依存があります。人への依存では、特定の人と歪んだ人間関係に執着したり、歪んだ人間関係を楽しんだりします。具体的な症状としては、男性あるいは女性依存症等があり、共依存とも言われます。

治療と自助グループ

依存症では、3つタイプの依存が合併する事もあり、クロスアディクションと言われます。例えば、アルコールとギャンブルに対する依存が合併する事があります。また、依存症と他の精神疾患が合併するケースもあります。アルコール依存とうつ病が合併する場合がこのケースに該当します。依存症と他の精神疾患が合併した場合、一般的には依存症の治療をまず行い、その後精神疾患の治療を行います。依存症の治療は、専門の医療機関で行います。アルコール依存の治療は、アルコール治療の専門の医療機関があります。また、治療の延長として、自助グループがあります。例えば、アルコールの自助グループでは、アルコール依存症から回復している人の集まりで、自助グループに参加し続ける事によって、アルコールを飲まない生き方を送っている人達の集まりです。

不眠を防ぎましょう

Female

少しの工夫で眠れないことを解消することが可能だと言えます。例として、ハーブティーを飲むことや、パソコンやスマートフォンをなるべく見ないようにするということが挙げられます。また、知識としては、就寝前に軽いストレッチを行うことが重要だと考えられます。

ストレスによる胃腸の症状

sleep

仕事や人間関係でストレスを抱え、ストレス性胃腸炎に悩む人はたくさんいます。なかなか環境を変えることは難しいのですが、ストレスを回避する工夫を自分自身ですることも大切です。薬の効かない病気であるがゆえに治すことは難しいかもしれませんが、ゆっくりと心身ともに休ませることが一番の治療法です。